債務整理の専門家信頼度ランキング

債務整理後は住宅ローンや車のローンが組めなくなるのか?※債務整理の専門家信頼度ランキング

債務整理後は住宅ローンや車のローンが組めなくなるのか



人がお金を借りるための金融機関に消費者金融がありますが、消費者金融は個人に対して少額の融資をしている金融機関なのでとても借りやすいという特徴があり、借りすぎてしまう人も少なくありません。

そして消費者金融からお金を借りすぎてしまい、返済することが困難になってしまい債務整理をしなければ借金に対応することができなくなってしまう人も結構います。

そして債務整理をすることによって消費者金融に対する返済方法を変更したり、交渉によって返済額を減らしてもらったりすることができ、返済をすることができるようになります。

そのため借金を返済することが困難になってしまった人はすぐに債務整理をすればいいのですが、債務整理をすることによって不都合が生じてしまうこともあります。それは債務整理をすることによってブラックリストに載ってしまい、債務整理後に住宅ローンや車のローンが組めなくなってしまう可能性があるということです。

そして実際債務整理をすることによって住宅ローンや車のローンを組めなくなってしまうのかは場合によって変わってきます。例えば当初借金があると思って債務整理をしたら実は借金は完済になっていて過払い金が発生していたという場合は過払い金の返還請求をしただけなのでブラックリストに載ることはないので住宅ローンや車のローンも組むことができます。
逆に実際に借金があって任意整理、個人再生、自己破産などをして借金を整理した場合はブラックリストに載ってしまい、一定の期間の間住宅ローンや車のローンを組めなくなってしまいます。

 

債務整理とは