債務整理の専門家信頼度ランキング

差し押さえの異議申立てをする方法について※債務整理の専門家信頼度ランキング

差し押さえの異議申立て方法について



差し押さえが行われて、そのことに納得できない場合は「異議申し立て」をすることができます。しかし、最後の手段であると同時に
納得できる理由がないとできないのが「異議申し立て」なのです。そのことをちゃんと覚悟しておきましょう。

異議をとなえてれば、差し押さえされないということではないので、そのあたりをきっちりと理解しましょうね。
なにをおいても異議を申し立てるには、正当な理由というものが必要なのです。

<異議申し立てをするために>
たとえば「完済しているのに、差し押さえが来た」や「そもそも借りた覚えがない」などいろんな理由があると思います。

差し押さえを行ったところに異議申し立ての書類提出が必要です。
また、異議を申し込めるには期間があって督促状が届いてから60日以内をめやすにしてください。

市町村などの税金関係で差し押さえが行われた場合には、異議申し立ての書類は役所のHPなどに掲載されていたりしますし、
差し押さえで届いた書類の中には異議申し立てのことが書いてあると思います。

なのでそちらから、必要書類を集めるといいと思います。

注意が必要なのは、この差し押さえに異議を申し立てたとしても、差し押さえが止まるわけではないので気を付けてください。

差し押さえ・債務整理についての疑問は、無料相談を賢く活用しましょう。
場合によっては申し立てをしないほうがいいこともあるので、まずは相談してみましょう。

 

>>自己破産をお考えの方へ、自己破産デメリットを事前にチェック!

 

この診断ツールを使えば、自分に合った弁護士事務所を無料で診断してくれます。


⇒匿名で無料診断してみる

 

債務整理とは